脱・老後不安!本好き主婦のお小遣い稼ぎ・節約日記

節約を頑張る読書が趣味の主婦です。お金をあまりかけずにポイントサイトなどでお小遣い稼ぎもしています。

過去記事をまとめました。 【目次】

読書メモ

ネコちゃんのスパルタおそうじ塾~かわいいネコちゃんからお掃除・片付けを学べます

現在、お片付け中なのでお掃除や片付けの本が気になっています。
図書館でこんな可愛い本を見つけたので読んでみました。


ネコちゃんのスパルタおそうじ塾

コミックエッセイうちの猫がまた変なことしてる。で有名な卵山 玉子さんの本です。
学生時代はそこまで掃除好きではなかったのですが、今は猫ちゃんたちの写真を撮るために掃除をしているそうですよ。
さて、そんな卵山 玉子さんが書いたネコちゃんのスパルタおそうじ塾の始まりです。

<目次>


ある日とつぜん、飼い猫がおそうじ指南をはじめたら?

ネコのおそうじマスターが教える、2度と散らからないお片づけ

キレイ好きな飼い猫・ネコちゃんは、
片づけられない飼い主の汚部屋をみかねて、
お掃除に口出しするように。

みんなが幸せになるおうちを目指して、
ネコちゃんが懇切丁寧に
お掃除のコツを教えてくれます。


お掃除を指南してくれるのはこちらの箇所です。

1.リビング
2.キッチン
3.トイレ
4.窓&ベランダ
5.寝室
6.玄関
7.お風呂
8.収納


うん、どこも気になる部分ですねヽ(*´∀`)ノ

特に良かったのは寝室かな。
他のお片付けの本を読むとリビングはあるのですが、寝室ってなかなか書いていないんですよね。
寝室は休むところだからそんなに片付けるものはないし、書く事が無いでしょと寝室が綺麗な人には当たり前なのかもしれませんが、我が家の寝室ってなぜか物が多いんですよ。
枕元に本があったり、スマホの充電のケーブルがあったりと下手するとごちゃごちゃした感じになってしまいます。

換気、ホコリ除去、不要なものが置かないのがポイントで、マットレスのお掃除を書いているところが猫などのペットを飼っている人っぽいなと思いました。

実用的なお片付け、お掃除のお話とネコちゃんのかわいい指導を漫画で表現しているので楽しく読むことができました。
たまにこの本のネコちゃん、飼い主・トモエに教育的指導としてヒップアタックなどをするのですが、その姿も可愛かったです。
うちのペット・デグーも私たちのお部屋のことどう思っているのかなとちょっと妄想しちゃいました☆彡

少しづつお片付け、お掃除してさらにキレイな部屋になるようにしたいと思います(*゚▽゚*)


ネコちゃんのスパルタおそうじ塾

ご訪問いただきありがとうございました!

うまるちゃんアニメやマンガを読むと更に面白い〜「秋田妹! えびなちゃん 2 」

うまるちゃんで人気のえびなちゃん。
えびなちゃんが主役のマンガの第2巻です。



1巻の感想はこちらから

今回は前回よりも恋愛についてがメインになっています。

えびなちゃんが帰省した時に秋田の友達・蜜代、紺、圭も恋愛そのものに興味があるようで映画鑑賞会を開いたり、恋とはどういうものなのか考えたりします。

私がこの恋愛のお話のなかで一番印象に残っているのが、えびなちゃんのお母さんとお父さんの出会いのお話です。

お母さんも結婚前は東京の大学に通っていて、男の子から大人気の女の子でした。
モテモテでモデルやアイドルにならないかとスカウトも多かったそうですが、お母さんは調理師になりたかったのでお断りしていたそうです。

ある日、お母さんはあるレストランに行って美味しい料理を食べました。
まさかそこから秋田へ行ってお父さんと出会うことになるとは、というお話でしたが、えびなちゃんのお母さんらしくていいお話だなと思いました。

そんな2巻はこんなストーリーになっています。

その11、菜々と帰省
その12、圭と恋愛
その13、紺と恋愛
その14、蜜代と恋愛
その15、お母さんと昔話
その16、菜々と恋
その17、菜々とライライン
その18、菜々と叶
最終話 菜々と友達

秋田妹!えびなちゃん〜中学編〜

さて、最後はどんな感じだったのでしょうか?
アニメを見た私には、それ本当にやってるんだという本編を知っていると更に面白い終わりになっていました。

本編の「干物妹!うまるちゃん」はアニメを全部見たのですが、面白かったので家族とアマゾンプライムで繰り返し見ています。

マンガはまだ見たことがないのでうまるちゃんの本編もマンガを見てみようかな(*^_^*)



うまるちゃんで人気のえびなちゃんが主人公〜「秋田妹! えびなちゃん 1」

うまるちゃんで人気キャラクターのえびなちゃんを主人公にした漫画です。



秋田県で育ったえびなちゃん。

先に東京へ働きに行ったお兄ちゃんの公一郎を探したいという理由があって、東京に高校入学と同時に1人でやってきました。

秋田県には仲良しの3人の友達がいます。

第1話では、東京へ行くえびなちゃんを心配しながらも友達が秋田の空港まで見送ってくれます。

東京に1人ついたえびなちゃん。
心細くなって不安になってしまいます。

住む予定のアパートの前で、うまるちゃんの兄、土間タイヘイと会います。
えびなちゃんのお兄ちゃんによく似た雰囲気の男性。
そしてこれがえびなちゃんの恋の始まりでもありました。


お話はこのエピソード。

その1、菜々と秋田
その2、菜々と買い物
その3、菜々となまはげ
その4、菜々と学校
その5、菜々とお母さん
その6、菜々とお兄さん
その7、菜々と東京
その8、菜々とお泊まり
その9、菜々と迷子 1
その10、菜々と迷子 2

登校日の海老名ちゃん


アニメのうまるちゃんのお話でえびなちゃんの部屋へ行くお話があるのですが、冷蔵庫が2つあったんです。
なぜ2つの冷蔵庫になったかがわかりました。さすがえびなちゃん、って感じです。

秋田の友達が東京へ来てくれたりとえびなちゃんがうまるちゃんたち以外の他のお友達とのコミュニケーションする姿を見ることができます。
仲がいいだけあって楽しそうです(*^_^*)


お友達の蜜代、紺、圭はなかなか強い個性の持ち主です。
秋田の中学校ではこの4人だけでしたが、東京の高校は6クラスもあることに驚いています。

えびなちゃんのお母さんもほんわかしてて可愛いです。
えびなちゃんはお母さん似なのかな?

えびなちゃんの変わらない純粋さと可愛らしさが見れる作品です。

書き下ろしの登校日の海老名ちゃんではうまるちゃん、きりえちゃん、シルフィことシルフィンフォードも登場します。
秋田の友達もいいけど、やっぱりこの4人が一緒だと落ち着きますね。







契約結婚からこんな展開に~「誰かこの状況を説明してください! 」

こんにちは。むうです。
最近、こちらの本を読みました。


【電子限定版】誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ 1 誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ (アリアンローズ)

ライトノベルが好きなので、たまに読んだりします。
その影響なのか、アマゾンでこちらの本が関連書籍として表示されました。

感想はうん、面白かったですヽ(*´∀`)ノ

貧乏貴族令嬢のヴィオラが公爵様に求婚されたけど、実は公爵様には秘密があって……というお話です。
公爵様、だいぶ自分勝手です。でもヘタレです。
それでも主人公は頑張りますよ。
というか旦那様の伯爵様のこと、だいぶほったらかし&忘れたりしています(´・ω・`)

最初キラキラ貴族だったのに最後の方はダメ貴族になっていますが、まあそこも公爵様の可愛いところなんでしょうか。
頑張れ、公爵様!

本来、紙の本だと1296円なのですが、1巻だけ電子書籍のkindleでセールをしていて486円で購入しました。
2巻以降も読もうと思っています☆彡 

【電子限定版】誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ 1 誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ (アリアンローズ)



「モノを減らすと幸せがやってきた」エリサさんの本を読んでお部屋のテーマカラーを意識しました

こんにちは。むうです。

先日、買ったエリサさんの新刊「モノを減らすと幸せがやってきた 物欲があるのにミニマリストやってます」が読み終わりました。



何点かふむふむと感心したり、マネしたいと思ったところがありましたので、メモとして記事にしておきますね。

〇スッキリした白い壁のお部屋はとってもキレイ!

カラーでお部屋の様子なども紹介されています。 その白い壁とすっきりとしたお部屋は我が家がいくら片付けてもなかなかたどり着けない世界です。なぜこんなに美しいのだろうと思ったら「モノトーンパーティー」をテーマにしていたからなんですね。

我が家はあまり色に統一感がなく、ぱっと見るだけで白、茶色、緑、青、赤、オレンジなどと色がたくさんあります。ごちゃごちゃとした印象を受けるのは色が多いからなんだとあらためて色の統一の重要性を感じました。

〇必要なものだけにすると集中力がアップするなんて

ブログを書くためにパソコンへ向かうのですが、たまに集中することができません。ペットのデグーが寂しがって鳴くからというのもありますが、せっかく寝てくれたチャンスに書きたくてもいいアイディアが浮かばない。もしかしたらそれ、物があふれすぎているからかもしれません。

机の周りに作業の邪魔になるようなものが置いてあるとそっちに気を取られて集中できなかったりします。部屋をもっと片付けたいと断捨離モードにスイッチが入ってきました。

〇ミニマムワードローブのチェックリストが面白い

著者のエリサさんのおうちは北海道なのでワードローブにニットなども入りますが、東京に住んでいる我が家はそれほどニットは重要ではなさそうです。持っているけれどもそれ、去年は何回着たかしらという状態です。でもなんとなく冬に必要そうだからもっているので、もしかしたら断捨離対象かもしれませんね。

そんなこれはどうなのかなと悩んだ時には、質問に答えて必要不要を確認する目安になるチェックリストが便利です。このチェックリストを見ていて今までなんとなく残していたジャケットも私には必要ないかも知れないとあらためて思いました。黒の礼服のジャケットがあればそれだけで十分かな、と自分の頭が少しまあるくなった気がします。

〇片付けが面倒にならないように「ながら片づけ」をやっていきたい

風邪をひいたりなんだか面倒になると片付けさえもおっくうになります。でもその後、いつもよりもっと整理整頓されていない状態になって、あれはどこにあったっけ、どこだ~と探したりすることが多くなってしまいました。
めんどくさがらずに歩きながら床に置きっぱなしにしたモノを片付けたり、歯磨きしながら洗面台を整理してみたりと「ながら片づけ」を取り入れたいなと思いました。

〇まとめ?

以上、他にもほほう~と関心することが多かったのですが特に興味深かったものを書いてみました。
私の中で片付けに悩んだ時にまた読み返してモチベーションを上げたい1冊でした。

特にお部屋の色の統一についてはもっと気にしてみようと思います。まずはモノがあまり少ない寝室のテーマを考えてみようかな☆彡

モノを減らすと幸せがやってきた 物欲があるのにミニマリストやってます【電子書籍】」 
プロフィール
muu


運営者:むう 
30代主婦
東京在住 

PR